わたしたちの想い

 “太古の息吹を五感を使って感じてみませんか?!”

 何千年と生きてきたこの木々(聖老)たちに触れ、息吹を感じて、この森が伝えようとしている声なき声に耳をすませる.....

 

僕はこの森を初めて歩いた時、圧倒的な自然の姿に言葉を失いただただ感動してしまった。それはもう言葉では表現出来ない人知を超えた"感じる世界" 言葉で説明しようとすると逆にこの森の魅力を狭めてしまいかねない。 だから僕たちのツアーでは《感じる・繋がる・開く》をコンセプトに、自然に対して説明や解説をしていくことよりも一人一人が “感じる” ことに重点を置いて森を歩き、“自然と繋がり”  “自分自身と繋がる” そしてやがて“開かれていく”そういった魂の目覚めを何よりも大切にしています。 

僕たちが木や花を見るように木や花や虫たちはいつも僕たちを見ている。そして無償の愛で包み込んでいつも僕たちを中心(原点)へと戻してくれているのです。 

 

 “私たち人間も自然の一部なんだ"

 

 そんな当たり前のことなのに忘れてしまった大切なこと......それをみんなに思い出して欲しいと思っています。人は森から離れては生きてはいけない。人も自然も動物もすべてのものが等しく共生しながら共に生きていける世界を僕たちは心より望んでいます。一人でも多くの人が屋久島を訪れ、大切なことを思い出してくれることを願っています。

 

“イヤイライケレ”

(すべての繋がるものたちにありがとうという意味のアイヌの言葉

Member


鈴木洋見 Hiromi Suzuki 

屋久島ソウルナビゲーション『EARTH TRIBES.』主宰

18歳の時、はじめての一人旅としてインドへ。そこで自分の “死" と向き合い本当の意味で”生きる"ことが始まった。帰国後生きている実感を求めてキックボクシングの世界へ。引退後自分の足で大地を歩き、自分の心で精一杯感じ、自分の意志で世界を切り開いていく、そんな想いを胸に4年間の世界放浪の旅へ。 
日本に帰ってきた後 "自分の物語を生きる" そう心に決めてエチオピア専門の写心家として活動していたが東日本大震災をきっかけに屋久島に家族で移住。
そこで”感じる・繋がる・開く”をコンセプトに『屋久島ソウルナビゲーション』を立ち上げ屋久島の大自然を通して共に旅をするツアーを展開している。

 

・写真作品はこちら

・ブログはこちら

鈴木恵美香 Emika Suzuki 

EARTH TRIBES.『屋久島薬草研究所』代表

メディカルハーブカウンセラー/ハーブライフインストラクター/キリプラクティショナー

アパレル業界を経て、自然の中で暮らしたいという幼少の頃からの夢を追いかけて30歳の時カナダの島に移り住む。自然と共生しながら生きる人たちから、なんでも手作りの精神を学び、まわりにあるものを食べ薬とする生き方が始まっていく。

東日本大震災をきっかけに家族で屋久島に移住。
屋久島に自生する身近な植物の恵みを戴いて赤ちゃんや子供にも安心して使えるものを中心に制作。
昔からある野草、薬草の智慧を活かして植物と共に暮らし生活の中から生まれてくるアイデアを大切にし、日々、植物と共にいる微生物や鉱物の中の珪素などを観察・研究している。

鈴木愛虹香 Anika Suzuki 

 

砂利道をハダシで走り、高い木だってするする登っちゃう野生児アニカ。

薬草に詳しく、見つけるのも大得意!母の影響か薬草を使って遊ぶのが好き。

最近ハマっているのは、花札と将棋とトランプ(神経衰弱)。

 

アニカが主人公の絵本も販売しています。

詳しくはこちら


藤本新平 Shimpei Fujimoto 

ソウルナビゲーター(寄り添い担当)

 

ソウルナビゲーションのヨガリトリートで人生が変わった一人。大手メーカーでデザイナーとして働くが、屋久島での「成長させてくれる体験」が忘れられず移住を決意する。

 

圧倒的な大自然のなかで、命の循環や自然の尊さを知る。自由に泳ぐこと、裸足で森を歩くこと、動物や虫への畏敬の念、心から思いを伝えることなど、屋久島移住後の変化は大きい。

環境、気候、倫理のためにプラントベースを中心としたライフスタイルを選択している。また、海洋ゴミの問題を多くの人に伝えるべく、楽しいビーチクリーン活動の普及に取り組んでいる。

Hitomi

デザイン/ヴィーガン料理担当

アシュタンガヨガしんのすけの屋久島リトリートに夫婦で参加し鈴木ファミリーに出会う。屋久島の素晴らしさ、鈴木ファミリーのライフスタイルや恵美香さんの薬草を使った自然療法&食事に感動。東京に戻ってからはアロマ、マッサージ、メディカルハーブについてスクールに通い学ぶ。

安心な大手企業で働いていたが、もっとワクワクする人生を歩みたいと思い、仕事をやめ屋久島移住を決意。引越しの2週間前に妊娠がわかり屋久島で出産!

2019年に地球や動物にできるだけ負担をかけないヴィーガンという生活を家族でスタート。

想像以上に楽しく、しかも心も体もハッピーなヴィーガンライフスタイルをたくさんの人に知ってもらうために活動している。

 

Kanna

癒やし担当

 

2018年3月9日屋久島生まれの女の子!

稽留流産事件を乗り越え、素晴らしいタイミングで誕生!