☆屋久島ソウル ナビゲーション     『Earth tribes』へ ようこそ☆

     ☆スマートフォンでもご覧になれます☆

  (画像を大きくしたい場合は右下の[  ]をクリック)

 

     ☆スマートフォンでもご覧になれます☆

  (画像を大きくしたい場合は右下の[  ]をクリック)

 

 

 

 

 

"あなたの中に眠る太古の記憶                                           この森で本当の自分と出逢ってみませんか!?"

 

僕たちEarth tribesは、聖なる森を心のままに歩いたり、綺麗な海や渓谷で浮かんでみたり、満点の星空の下で寝転んでみたり、火を囲んで踊ってみたりと心も体も開放させる参加型の体感ツアー。ソウルナビゲーションを中心に《感じる・繋がる・目覚める》をコンセプトに心の変化や意識に触れていくことを何よりも大切にしながらナビゲートさせて頂いています。 一人一人が “感じる” ことに重点を置いて森を歩くことによって “自然と繋がり 自分と繋がる” そして自然と “目覚めていく”  屋久島に来たことがきっかけでその人の人生が花開いていったり豊かになっていってくれたらそんな嬉しいことはありません。子供に還ってもっと自由にもっと無邪気に一緒に旅をしましょう。

 

 ★お一人の方、体力ない方、未経験者も大歓迎です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ Earth tribes 最響のツアー ☆

<ソウル ナビゲーション>

ソウルナビゲーションとは心や意識のことを大切にした本当の自分へと還る旅

僕たちEarth tribes主催の「裏縦走」や「屋久草リトリート」を筆頭に「ヨガリトリート」「スピリティアルリトリート」「ヴィジョンクエスト」「ファミリーリトリート」「薬膳リトリート」などおもしろ深い個性的なソウルナビゲーションが目白押し。あなたに響くソウルナビゲーションを見つけてね。

 

 【2017年のソウルナビゲーションのスケジュールはこちら

 

 

 

 “あなたも屋久島ツアーを企画してみませんか?!” 

Earth tribesではツアーを主催する人を求めています。

その為主催してくれる人のツアー代、航空費代が一切掛からない魅力的なツアーを企画してみました。

さらに参加者の料金も通常料金の7割以下になっていますので主催する人にとっても参加する人にとってももちろん僕たちにとっても最幸のツアーです

仲良しな仲間たちと、サークルのメンバーで、ヨガやヒーリングのお客さんを連れて、社員旅行として大自然の中で心も体も解放しましょう。

 

                ☆詳しく知りたい方こちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆SUP (スタンダップ パドル ボード)

SUPとはStand Up Paddle boardの頭文字をとったもので簡単に言えば立って乗るカヌーみたいなもの。立って漕ぐだけじゃなくカヌーのように座って漕ぐこともできれば横になって寝ることだってできる、さらに慣れてくるとSUPの上でヨガや瞑想など自然と一体になることもできちゃう。屋久島は水の島と言われるくらい豊かな川や海が充実していて森に囲まれた渓谷を奥へ奥へと遡りながら旅することもできるし海に出て海の上から屋久島を眺めたりSUPをベースにシュノーケリングをすることもできる。森歩きで疲れた体を癒したりぼぉ〜っとのんびりしたい人にオススメです。一緒に太古の世界へトリップしましょう。

泳げない人でもライフジャケットをお貸ししていますので安心して楽しめます。 シュノーケリングセットのレンタルも致しております。

 

                    ☆詳しくはこちら

 

    <どこで遊ぶ?!>

  ★森•山で遊ぶ

九州最高峰の宮之浦岳、樹齢およそ7200年と言われる縄文杉、「もののけ姫」で有名になった白谷雲水峡など五感を使って心と体を解放してみませんか?!森林の心地よい陽射しを浴びながら、四季折々の花・美しい苔・圧倒的な迫力の木々たち・沢の音など、豊かな自然を感じて下さい。

  ★海•川•里で遊ぶ

屋久島と言えば山や森のイメージが強くて以外と知られていませんが海や川は透き通っていてとっても綺麗。美しい海や川で泳いだり、時を忘れて沈みゆく夕陽を眺めたり、火を囲んで踊ってみたり、バーベキューしたり、満天の星空の下で寝転んでみたりと屋久島の大自然を全身で感じられるお薦めツアーが満載です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   <わたりがらす放浪記 >

屋久島の日々の生活やツアーの様子などを光の写真と共にBlogに綴っています。お気軽に覗いてみて下さいね。   

                    ★入り口はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   Copyright(c) 2012-2013    Hiromi Huzuki. All  Right Reserved