持ち物

1年のうち360日雨が降ると言われる屋久島。

雨対策はもちろん防寒対策などをしっかりとして

森を快適に満喫しましょう。

登山用品を揃えるとかなりな金額になるし、普段そんなに使わないし、

荷物になるから嫌だなぁ ・・・

という方は便利なレンタルサービスをご利用ください。

   

                   持ち物

 (日帰り)

                                                                                  備考
 1

 

  お弁当

基本的に昼食は付いています。

朝食は各自でご用意下さい

(朝食のご用意も出来ますので事前に連絡下さい。お宿によっては朝食をお弁当に変更可)

 2   ◎※

 

レインウェア

上下セパレートの登山用のもの

(ウインドブレーカーや半透明の

 ビニール製のものは不可〔100均含む〕)

 3   ◎※

 

   リュック

•日帰りなら20ℓ~30ℓ

•山小屋泊まりなら35ℓ~45ℓ

•テント泊まりなら50ℓ以上

肩の重さを軽減する為に腰ベルト付きが理想

 4

 

  リュック

     カバー

雨が降って来た時、中の物が濡れないで済みます。リュックの大きさに合っているもの。    (貴重品を入れるビニール袋もご持参下さい)

 5   ◎※

 

    登山靴

防水機能のある登山靴

ソールがしっかりしていて滑りにくいもの

足袋(たび)がオススメでレンタルもあります

 6  ◎          くつ下

厚手の長めのもの

履き替えたり2枚重ねにしたりと2,3足あるといい。

 7   ◎

 

折りたたみ傘

土砂降りの時やご飯を食べる時などに大活躍。

なるべく軽くてコンパクトなもの

 8  ◎

 

     水筒

マイボトルでも空のペットボトルでもOK。

水はいたる所で汲めます。

 9  ◯

 

    手袋

岩や枝をつかんでの険しい登山でトゲが刺さったり、変な虫をつかんじゃったり、滑って手をついた時など。 防寒にもなります。
10

  ◎※

 

ヘッドライト

Earth tribesのツアーは朝が早いです。コースによっては日出前や日没後の暗い夜道を歩くこともあります。  泊まりの場合は必須
11  ◎

 

      帽子

陽差しが強い時は日射病予防に、雨の時は雨具として大活躍します。

(防水性のハットをお勧めします)

12  ◎

 

   

    タオル

汗を拭いたり、雨の時は体を拭いたりと2枚くらいはあってもいいと思います。

ツアー中に海中温泉に行くことがありますので全身を隠せる大きめのタオルを必ずご持参下さい (パレオでもOK)

13  ◎

 

    着替え

汗をかいたり雨で濡れたりと下着•Tシャツ•くつ下は必ず予備を用意し、山の上での防寒着として厚手のものもあった方がいいです。
   ◎

          水着 

 

Earth tribesツアーでは森を歩いている時でさえ飛び込める沢があったら飛び込んでいきます。Tシャツ短パンなどでもOK  (必須)
14  ◎

 

 ビニール袋

雨の時にリュックの中のものをそれぞれ包んで入れます。濡れたものを入れる為にも。カメラや携帯などの小物はジップロックが便利です。

15  ◎

                   トイレット

    ペーパー

トイレがないようなコースを歩く時や水滴を拭いたりと何かと役に立ちます。             
16  ◎

 

  保険証

 

旅の安全を願ってのお守りとして

17    ◯※                        ストック 上りや下りがずっと続く時や長く歩く時などに膝の負担を軽減してくれます。
19  ◯                       サポーター

膝や足首に痛みや疲れがくる前に使用すると大分楽になります。

 (薬局で700円くらいで購入出来ます)     

20  ◎

 

  常備薬

普段飲み慣れている常備薬
21  ◎

 

    非常食

小腹が空いた時や万が一の為にカロリーメイトやウイダーインゼリー、アミノバイタルなどの携帯食をお持ち下さい。

22  ◯                         お菓子 休息の幸せなひと時のためにお気に入りのものを。 飴やチョコレートはこまめな栄養補給になります。      
23  ◯                      クリスタル

屋久島は水晶の島です。クリスタルを聖水に浸して浄化し屋久島の水の記憶を宿して下さい。分かりやすく透明感が変わります。

   

    持ち物

 <泊まり>

         備考

     A

    ◎

         テント

山小屋がいっぱいになって入れない時があります。山用の軽量化されたものをご用意下さい

 

 B

 

 

 ◎

                       シュラフ

•  夏用の1シーズン用

•春夏秋用の3シーズン用

 C    ◎ ロールマット

下に敷く銀マットです。

これがあるかないかで寝心地や底冷えが

全然違ってきます。            

 D    ◎

 

  防寒着              

フリースやダウンなど暖かいもの

(季節によって変わってきますので

ご相談下さい)

 E    ◯    ホカロン

泊まりの時は数枚あるとかなり重宝します。

足の裏に貼るカイロは寝る時にオススメです

  ※の付いているものはレンタルが可能です。

 

 

 

 

 

 

 

  レンタルサービス

  登山用品を揃えるとかなりな金額になるし、普段そんなに使わないし、

  荷物になるから嫌だなぁ ・・・

  という方は便利なレンタルサービスをご利用ください。

         レンタルギアー    レンタル料金

   リュック日帰り   20ℓ〜30

     1000円 (300)

  リュック山泊まり 35ℓ〜45

     1300円 (500) 

    リュック山泊まり 50ℓ〜80ℓ

         1500円 (500)

         リュックカバー 

           400円 (100)

         レインウェアー

         1300円 (500)

       レインハット

           500円 (200)

              登山靴

         1300円 (500)

     足袋(たび)

           700円 (200)

         2000円 (販売)

 ベビーキャリー(20kgまで)

     2300円 (500)
             ストック

           700円(300)

    ヘッドライト

           500円 <電池込み>

       シュラフ  キャンプ用        1300円 (500)
       シュラフ   3シーズン    2300円 (500)
   シュラフ     冬用

         2500円 (500)

     テント 1人用    2600円 (700)
           テント 2人用          3300円 (1000)
           テント 4人用          3800円 (1000)
             ロールマット                   無料

    ★上記の料金は2泊3日正午までの料金です。

    ★( )は1日ごとの延長料金です。
    ★ レンタルショップをはしごしながら一番安くて在庫があるお店を

    優先してまわっていきます。上記の料金は一番高いお店に設定し
    ておりますのでこれよりも多少安くなることが多いと思います。

    ★ 予約が必要になりますので3日前までに“必ず”ご連絡下さい

《森泊ツアーで早朝から森に入る場合は前日のうちにレンタルしツアー翌日

 に返却することになりますので1泊2日でも3泊4日の料金となり

   【注】レンタル中に万が一破損、紛失された場合は状態によっては

      商品を弁償して頂く可能性もございますのでご了承下さい。